my leisurely life

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天国へ

ちょっとここ数週間バタバタしていて、久しぶりの更新となってしまいました!


実は先々週末の10月9日、わたしの父方の祖母が天国へいきました。

数年前に東京に移ってから入退院を繰り返していて、

陽翔が産まれて、落ち着いたら行こう行こうと思っていたまま結局会えずじまい・・・

丹波や九州のおばあちゃんは遠いのもあり、

連休がとれたらこの日に!とあらかじめ日にちを決めて会いに行ってましたが、

東京はちょっと遠いけど行こうと思えばいつでも行ける距離。

そのいつでも行けるという思いから、今度、今度が先延ばしになり・・・

おばあちゃんがまだ横須賀にいた頃の4年前に会いに行ったきりとなってしまいました。

今までも何度か体調崩しても、なんとか回復して

今回も亡くなる前日に、容態が悪くなったけど持ち直した!と連絡があり、

でも検査結果が肺炎でいつ急変するかという話だったので

まさかとは思いつつも、近々お見舞いに行ければなぁと思っていた矢先の事でした。

それでも連絡を受けたときはしばらく会っていなかったせいか、

正直、実感という実感がわかないまま、おじいちゃんも眠っている横須賀のお寺へ・・・

だけどやっぱり眠ってしまったおばあちゃんに会うとこみ上げてくるものがたくさんあります。

どうして元気だったうちに、あさひこや陽翔と一緒に会いにいかなかったんだろうという後悔と

おばあちゃんとの思い出。

そんな中、妹のゆかが

おばあちゃんっていっつも笑顔だったよねぇ

とひとこと。

確かに!

本当にいつも笑顔だった!

笑顔がとてもかわいいおばあちゃんでした

戦後、父を含め子供4人を育て上げ、わたし含む孫10人、

そしていつの間にか、ひ孫も10人に増えて、

みんながいるのもおばあちゃんがいてくれたからこそなんだよなぁ

としみじみ感じるものがありました。

90年も生きてきたおばあちゃん。

その長い間でもいろんなことがあったと思うけど、

孫からみて、思い出されるのがいつも笑顔だったっていうのはなんだかいいな

わたしは最近なにかと怒ってばかりいるから。

おばあちゃんのようにもっと寛大にならなくては


陽翔はというと、お通夜では終始おとなしく過ごせたものの

翌日のお葬式では・・・

寝不足のせいか不機嫌が頂点に達し、ぐずるぐずるぐずる・・・

先日の丹波のおばあちゃんの時もそうでした。

そのときも途中で抜け出したりで、なんとか抱っこで眠りについたものの

肝心の最後のお別れの時も眠ったまま・・・

今回もかぁと思っていたら、最後の最後で目覚めて

ねぼけまなこのまま最後はみんなと一緒におとなしく合掌していました。

2歳児だからこそ、なにか感じるとるものがあったのかなぁ。


この度、ふたりのおばあちゃんを続けて亡くして

なんというか、まだ少し信じられない気持ちが残っています。

今まで会えてたひとがもう会えないというのは

例えば遠く引っ越してしまって会えないというのとは全然わけが違う。

この世にいないっていう言い方はなんだかさびしいので

子供だましみたいだけど、星になったんだと思うようにしています。

ふたりとも今頃おじいちゃんと一緒にいるのかな

そういえば、この20日前後が確か横須賀のおじいちゃんの命日だったような・・・

今度確認しよう!

いつも大切なひとの誕生日は忘れないようにしているけど、

命日も忘れてはいけないね



スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。