my leisurely life

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そのひとことが・・・

どどーーーーーーーんと胸に突き刺さるような衝撃を与えられることなど

人生生きているとたまにあります。

それがつい最近ありました・・・

それは陽翔の誕生日の午前中に公園に遊びに行ったときの出来事。

陽翔が近くにいた孫を連れたおじちゃん(でも孫がいるからおじいちゃんか)に

愛想をふりまき出したので、ちょっとそのおじちゃんと世間話。

すると

『この子はこの4月で幼稚園入ってねぇ~』

と口にしたので、これは幼稚園リサーチチャンスと思い、

その孫の男の子に『どこの幼稚園に行ってるのー?』

と聞くと、恥ずかしそうに無言・・・

と、そこにおじちゃん

『何恥ずかしがってるんだよ。ほら、おばちゃんに教えてごらん!』

・・・・・・・・・

お、

お、

おばちゃん・・・

今わたしのことをおばちゃんと・・・・

えぇ確かにこの4月、30歳になりました。

子供もいます。

でも、いまだかつて、他人におばちゃんなんて言われたことありません・・・

親戚の子から言われるならまだわかる。

だって‘叔母’にあたるし。

それでも、親戚じゃなくても子供から見ればおばちゃんかもしれません。

それが・・・

それが大人からおばちゃんだなんて

なんとゆうこの衝撃。

先日ゴキを目撃してしまった瞬間と匹敵するくらいの一撃でした・・・

たぶん、20代も半ば頃ならおばちゃんと呼ばれても気にしなかったかもしれません。

でも、アラサーに近づくにつれ、おばちゃんと呼ばれても仕方ない歳を迎え、

でもまだ自分では認めたくないこの微妙な年頃。

だからおばちゃんという呼び名にも非常に敏感になります。

ちなみに実家のママも陽翔が孫にあたるにも関わらず、

‘おばあちゃん’やら‘ばあば’などとは呼ばれるのには抵抗があるらしく

今のところ‘大(おお)ママ’(大は大きい方のママという意味と大磯の大・・・)

と呼ばせることにしています。

女心ですな!

しかし最近の子は親から言いつけられているのか、

近所の子からもおばちゃんとは一度も呼ばれたことはなく、

ありがたくも『はるくんママ』と呼ばれていました。

おじちゃんも悪気があって言ったわけではないとはわかるけど

突然のおばちゃん発言には本当に衝撃を受けました・・・

でもこれでちょっとは免疫がついたかな(笑)



スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

沙友里v-22
お返事おそくなってごめんねー!
そうね~☆歳はいやでもとるけど、
おばちゃんには見られないようにする心がけはできるもんね^^
わたしも言われないように努力しよう~!

まっきいちゃんv-22
お返事おそくなってごめんね!!
なるほどー!
子供が安心するフレーズなんだ!
それ知ったらちょっと抵抗なくなった!
でも自分で言ってもまだ言われたくはないよねぇ(笑)

yumi | URL | 2010年10月19日(Tue)14:13 [EDIT]


自分で言うならまだしも他人から言われる「おばちゃん」は嫌だねぇ。
でも、子供にとって「おばちゃん」って安心するフレーズって聞いたことある。
だから子供に話かける時は「おばちゃん」(ほんとは言いたくないけど(笑))って自ら言ったりするときもあるよ。

ゆみちゃんより私のが・・・おばちゃんって呼ばれる確率大でしょi-229

まっきい | URL | 2010年10月08日(Fri)14:58 [EDIT]


はいv-22

私も甥ッコたちに「おばちゃん」と呼ばれたくなく
智也が産まれたときに
「おばちゃんって呼ばせたら何も買い与えなくなるからねv-8」と
姉に予告しましたv-21
おかげで智也が3年生になった今も
智也からも拓海からも「さぁしゃん」継続中よv-218

…少なくとも自分に子供ができるまでは
その呼ばれ方は何が何でも避けられるように
自分を磨き続けようと思う今日この頃v-238

沙友里 | URL | 2010年10月05日(Tue)23:23 [EDIT]


 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。