my leisurely life

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あれから…

ブログの更新をせずにいつの間にかもう10カ月…

でもそれよりも…


今日で東日本大震災の発生から半年が経ちました。

この災害によりお亡くなりになられた方々のご冥福をお祈りするとともに

被災されたみなさま、そのご家族の方々に心よりお見舞い申し上げます。



あの日以来、大地震の恐怖はもとより津波の本当の恐ろしさ、

そして原発についても考えさせられました。

3月11日はあさひこは会社、陽翔とわたしは家にいて、

昼食後いろいろ考え事をしていたら眠くなり、陽翔をさしおいて私ひとりで昼寝をしていた時、

ここしばらく感じたことがなかった強い揺れで目が覚め、

慌てて陽翔を抱きかかえてテーブルの下へもぐりこみました。

揺れがおさまり、急いでテレビをつけると東北で強い地震とのこと。

すると目を疑うような映像が次々と流れ出し、

しばらくすると静岡県沿岸部にも大津波警報が発令。

わがやは海から1キロちょっとしかありません。

テレビの中での映像がもしかしたらここでもあり得るかもしれないと思うと本当に恐ろしく、

うちのエリアは津波避難勧告区域から外れてはいましたが、

とりあえずいつでも出られるように荷物をまとめて待機。

市内アナウンスでは避難勧告エリアの住民は避難をと呼び掛けているけど

果たしてここは大丈夫なのか?!

いざとなったら陽翔抱えて逃げ切られるだろうか?!

不安が募る中、家族や友達と連絡をとりながら時間が過ぎていき、

夜になって無事にあさひこが帰宅するもTVで流れる被災地の惨状には言葉を失いました。

そして明朝から度々鳴り響く携帯の緊急地震速報に肝を冷やし、

こちらにはたいして揺れはなかったものの、心底怖かったのは4日後に起こった地震。

長野でも震度6クラスの地震があったので

その勢いでここも誘発されたら?!と不安に思っていたさなかのことでした。

テレビの速報だと震源地は『静岡東部』

まさにここじゃん…!!

本当に焦りました。

陽翔抱えながら泣きそうになってた程でした。

もしかしたら今のが前兆でこれからもっと大きいのが起こるのかも?

東海地震?!

まだあさひこ帰ってきてないし、この夜暗い中、津波が来たらどうしよう?!

あの被災地の惨状が頭をよぎり、不安でいっぱい。

幸い、東海地震との関連性はないとまもなく分かったけれど…

この時、震度4。

11日の時も震度4。

本当に震度4か?!と思うくらい揺れたように感じました。

でも実際、家の中の物の転倒はなにひとつなかったので

震度4程度の揺れだったのかもしれません。

そう思うと、震度6~7の揺れを体験した方々の恐怖は計り知れなかったと思います。


日頃から東海地震に備えて…と自分の中で防災意識を持っていたように感じていましたが、

実情は全然…

この日の翌日、ホームセンターへ行き家具の固定グッズをあわてて買いました。

東日本大震災を受け、買いだめに走ったり風評に惑わされたり

日本中がパニックに陥ったように感じます。

地震が起きてから、何かをするのではなくあらかじめ防災対策はしておくこと、

地震大国に住んでいる以上、

また東海地震がいつ来てもおかしくないと言われているエリアに住んでいる以上、

ふだんから自分の身は自分で守るという意識は高く持っておくべきだと痛感しました。


あれから半年、

被災地の現状を新聞やTVで見ても復興にはまだ長い道のりのように感じます。

そして電気に頼り切っている生活を支えていた原発の見直し問題。

節電は心がけで取り組めても、

原発周辺から避難されている方々や風評被害の問題は深刻です。

この震災で多大な被害を受け、そしてたくさんの命が亡くなりました。

今日はちょうど9.11の10年目という日でもありますが、

もう10年なのか、まだ10年と思うのか、

どちらにしろ何年経ってもこういったテロや災害で起こった惨状の記憶を風化させないこと。

募金や支援物資、節電意識も震災直後の方が正直わたし自身高かったです。

そして普段の生活に戻り、地震がしばらく起きないと

防災に対しての意識すらだんだん薄れていきます。

たった数カ月でこんなになってしまうものなのか?

それがさらに年月が経つともっと忘れ去られてしまうのではないか?

以前から阪神大震災に遭ったあさひこの実家の街に帰省する度そう感じました。

もう16年経ちますが、復興できれいに整備された街並みは大震災の後を感じませんでした。

東日本大震災の被災地も一日も早い復興を願いますが、

復興した後もこの未曽有の大災害はけして忘れることのないようにと思います。


なんだか長くなり支離滅裂となりましたが、

震災から半年という節目を迎えて改めて思ったことでした。



スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。